農業の求人の特徴について解説します

現在、農業求人は全国で多数出されるようになっていますが、これまでこの業界に興味がなかった人だとその内容についても今一つ分からないとする人も多いでしょう。いつかは農業で生計を立てたい、しかし何をやるのかわからないというジレンマに悩む人は決して少なくありません。ただ農業というのはかなり限定的な仕事を指す業種ですから、仕事の内容もかなり共通しています。もちろん最近だと他の事業所との差別化によって利益を出そうとしているところもありますから、全てが同じだとは言えません。ただある程度の共通点となる特徴さえ押さえておけば、農業求人を見ていくのは何も問題ないでしょう。では現在の農業求人における特徴とはどういったものがあるのか、ここでは仕事内容と、一般的な待遇についてチェックしていきましょう。

農業求人の一般的な仕事内容とは

まずは農業求人の一般的な仕事内容ですが、これはその農家が生産している野菜や果物の生産に携わることです。実際にどこからどこまでを新人に任せるかについては事業所ごとに差がありますが、一般的な農作業については新人であっても間違いなく行うことになるでしょう。また事業所によっては採用した人のそれまでの経験を鑑みた上で仕事を割り振ることもあり、農業求人に応募した後で、一般経理の仕事を任されるなどのケースもたまにあります。ただよほど規模の大きい農業法人でもない限り、採用した人をいきなり事務に回すということは無いでしょうから、小規模~中規模クラスの農業法人の求人に応募した場合には土作りなどの下準備と種まきや田植え、そして畑の管理と収穫までの作業を引き受けることになると考えて差し支えありません。

農業求人の待遇ってどうなっているの?

さて、次にこの業界の待遇についてですが、残念ながら客観的に見ても他の業界より優れているとは言えません。現在の一般企業だと労働基準法によってその経営をかなり制限されていますが、農業はその労働基準法による制限がかなり緩やかになっています。例えば通常であれば1週間に少なくとも1日の休暇を与える必要があるとされているところが、農業に関してはその規定が無い、労働時間についても本来は1日8時間、1週40時間以上働かせてはならないとされているのに対して、農業はそうした規定もありません。そのため長時間労働が当然のように行われており、業界全体の利益が減少していることから給与についても高額とは言えない水準であることがほとんどです。ただ仕事内容については他の業種では絶対に経験できないことですし、生産者として市場に関われるのはこの仕事の最大の魅力であると言えます。こういった魅力をどれくらい大切に思えるか、またこういった待遇に耐えられるだけの体力があるかというのは、事前にしっかり考える必要があるでしょう。

No comments.