農業の求人の数などについておおまかに解説します

農業分野での仕事というと、ほとんどの人が自分には無関係だと思い込んでいて、求人を見ても検討してみることさえしないという人も多いのではないでしょうか?しかし、農業関係の仕事は、どこも人手不足が続いており、経験がなくても採用されやすい状況になっています。また、年齢が高い人は、応募条件となっている年齢制限に引っかかってしまうことも多いですが、農業分野の求人は年齢制限も比較的緩やかです。16歳以上なら何歳の人でも応募できるという求人も少なくありません。都市部で労働条件のよい仕事には、一人しか採用されないのにもかかわらず、数十人の応募が殺到することもあります。いたずらに競争率の高い求人に応募するよりも、農業分野の仕事のように競争率が低く、その割にお金が稼げる仕事をしてみるのも良いアイディアです。

一度に大量募集されるから採用されやすい

農業関係の求人は、一度の求人で大量募集されることが多いため、採用されやすい傾向にあります。農場で野菜や果物の収穫作業をしたり、出荷するための選別・梱包作業などを主な仕事内容とする求人は、一般企業での営業職や事務職、サービス業での仕事と比べると、必要とされる人数が多いのが特徴です。例えば、毎年4月から5月に収穫期を迎える玉ねぎの生産現場を見てみると、収穫して市場への出荷が終わるまでの期間は1ヶ月ほどしかありません。この短い期間に、収穫や選別、出荷作業をすべて行わなくてはならないため、大量の人員が必要とされます。一度に30人以上の求人を募集するのが一般的で、人手不足の現場では70人から100人の求人を募集するところもあるほどです。そのため、書類選考や面接で不採用になる確率が低くなります。競争率の高い仕事にたくさん応募するよりも、採用されやすい仕事に応募して確実に採用された方が、無駄な時間やエネルギーを浪費しなくてすみます。

農業はやる気しだいで誰でも成功できる

農業の求人はすべてが期間限定の仕事であるとは限りません。短期間のアルバイトとして採用された人の中にも、いつも手を抜かず熱心に仕事をする姿勢を評価されて、予定されていた雇用期間が終了しても、継続して雇用される人が数多くいます。何年も同じ農場で働いているうちに、正社員として採用される人も珍しくはありません。仕事を通じて農業の基礎的な知識を身につけることができるため、将来独立して自分の農場を運営することも可能です。実際に、都会でフリーターとして生きてきた人が、農場でアルバイトをしているうちに農業に興味を持ち、農業にのめり込んでいったという話があちこちで聞かれます。過疎に悩む地方自治体では、若者が農業に参入することを支援しているため、ただ同然の賃料で農地を借りられるのが現実です。そのため、やる気さえあれば、素人であってもチャレンジすることができ、成功する可能性も十分に残されています。

農業初心者・未経験者でもOKな求人を多数取り揃えております。お気軽にご相談ください。 非公開の農業求人情報を多数取り扱っております。 会員登録すれば、気になる求人情報を『検討中フォルダ』に入れておくことができます。 農業体験情報を豊富に掲載しております。 本気で農業を始めたい方から、農業を短期で体験したい人まで、幅広いニーズにお応えします。 農業分野に特化したお仕事紹介・転職サービスです。 農業の求人探しは農家のおしごとナビで!

No comments.